TOP » 気になる!豊胸手術の種類を調査

気になる!豊胸手術の種類を調査

豊胸手術はクリニックによって特別な名前がついていて違いや特徴がわかりにくいもの。しかし、手術方法は大きく分けて3つです。脂肪注入、プチ豊胸、シリコンバッグの3種類に分かれます。豊胸手術の進歩とともに、最新の手術方法を紹介します。

脂肪注入・プチ豊胸・
シリコンバッグの
メリット・デメリットを比較しました

進化を続ける豊胸手術

豊胸手術って、切開したり挿入したシリコンが破裂したり、と少し危ないイメージを持ってしまいがち。しかし、医療の進歩とともに、豊胸手術も進化を続けています。最新の豊胸手術はどれ?詳しく解説していきます。

~豊胸手術の始まり~
シリコンジェルから始まった豊胸手術

シリコンを使った豊胸手術は1950年代に登場しました。当時はパラフィン、シリコンジェルをそのまま注入するのが主流で、合併症や後遺症などが多く発生。

バッグに包んで豊胸する方法が開発されたのは1963年になってからでした。アメリカの企業がシリコンを詰めたバッグを、フランスの企業が生理食塩水を詰めたバッグをそれぞれ発表。ただ大きくするだけでなく、バストの形をきれいに整える豊胸が主流になっていったのです。しかし、バッグを使った豊胸手術も気圧や衝撃などによって破裂する事故が起こっていました。

~豊胸手術の発展~
安全性の高い脂肪注入術の登場

初めて脂肪注入が注目を浴び始めたのが1980年代です。アメリカで吸引した脂肪を自身の胸に注入する方法が使われるようになりました。自分の体から吸引した脂肪なので、シリコンを使った手術よりもはるかに安全性が高まりました。

当時は吸引した脂肪を無処理で使うことが多く、不純物が多いまま注入していたそう。そのため、定着率の低さや感染症対策、しこりの発生が大きな課題でした。

~豊胸手術の現在~
手軽な「プチ豊胸」が注目される

ヒアルロン酸による豊胸手術は近年になって普及し始めた手術法です。同じヒアルロン酸注入でできるたるみやシワ対策のプチ整形とともに「プチ豊胸」と呼ばれています。1回に100cc〜200ccほど胸に直接注入してバストアップ。手術はとても手軽ですが、体内に吸収されてしまうのがデメリットのひとつ。

プチ豊胸にはアクアフィリング、アクアリフトという成分もあり、ほぼ水分でできていて柔らかいのが特徴です。

効果が一時的なため、体に吸収されるとサイズダウンしていきます。サイズを保ちたいなら、継続的に注入しなければなりません。プチ豊胸も、しこりができることがあり注意が必要です。

~豊胸手術のこれから~
胸が成長する?革命的な脂肪注入術が登場

1980年代には問題の多かった脂肪吸引ですが、医療技術とともに開発が進みました。現在最も主流なのは、吸引した脂肪の不純物を取り除き、生着率の高いきれいな脂肪を注入する方法です。コンデンスリッチ法、ピュアグラフト法がこれにあたります。コンデンスリッチ法は脂肪の不純物を取り除き、細胞を濃縮、ピュアグラフト法は2枚のフィルターで不純物をろ過し、純度の高い脂肪細胞を作り、注入します。

これだけでも大きな進歩ですが、新たに注目されているのが、脂肪幹細胞の注入。

不純物を取り除いたきれいな脂肪に幹細胞や成長因子を混ぜることで、手術後もバストアップすることが可能。バストに生着した脂肪細胞が成長もすることができ、この手術法でバストの生着率がさらにアップするとのことです

いま、手術後にもバストが成長する高濃度再生豊胸ができるのは東京では1クリニックのみ。これからどんどん増えていくかもしれませんね。

東京で豊胸手術を
受けるなら…

脂肪(幹細胞)注入、プチ豊胸、シリコンバッグの手術法ごとに東京で豊胸手術が受けられるクリニックを紹介します。

東京で脂肪(幹細胞)注入が受けられるクリニック

kunoクリニック・銀座院

アクセス 東京メトロ「銀座駅」徒歩2分
東京メトロ「東銀座駅」徒歩2分
都営浅草線「東銀座駅」徒歩2分
住所 東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2F

池田ゆう子クリニック

アクセス 東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・東京メトロ副都心線「渋谷駅」徒歩2分
住所 東京都渋谷区神南1-11-1 市野ビル8F

The Clinic・東京院

アクセス 東京メトロ「広尾駅」徒歩9分
東京メトロ「六本木駅」徒歩9分
住所 東京都港区西麻布 3-16-23 Azabu Body Design Center 1F

東京でプチ豊胸が受けられる
クリニック

品川美容外科(品川本院、他5院)

アクセス 品川本院:JR品川駅「港南口」徒歩1分
京急品川駅「高輪口」徒歩5分
住所 品川本院:東京都港区港南2-6-3 シントミビル5F

東京美容外科(銀座院、他1院)

アクセス 銀座院:地下鉄「銀座駅」徒歩6分
住所 銀座院:東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F

湘南美容外科(17院)

アクセス 新宿本院:JR「新宿駅」西口徒歩10分
住所 新宿本院:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F

東京でシリコンバッグ豊胸
受けられるクリニック

ナグモクリニック(東京院)

アクセス 地下鉄半蔵門線「半蔵門駅」徒歩4分
住所 東京都千代田区三番町3-10 乳房再建センタービル

プリモ麻布十番クリニック

アクセス 都営大江戸線「麻布十番駅」徒歩2分
東京メトロ南北線「麻布十番駅」徒歩2分
住所 東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2F

共立美容外科(新宿本院、他3院)

アクセス 新宿本院:JR在来線・京王線・小田急線・都営地下鉄大江戸線 ・都営地下鉄新宿線・東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」徒歩1分
住所 新宿本院:東京都渋谷区代々木2-9-2 久保ビル7F

豊胸手術にかかる料金はどれくらい?

豊胸手術の料金は、ダウンタイム同様気になるものですよね。

手術代は安くて数10万円から高いものだと300万円近くになる手術法もあります。この違いはどこから出てくるのでしょうか?

手術代にかかる内訳や医療ローンについても紹介しているので、料金が気になる方は要チェック!

豊胸手術にかかる
料金について
詳しく見てみる

施術別に紹介!豊胸手術のダウンタイムはどれくらい?

豊胸手術を受けてみたいけど、手術後何日目から普通に過ごせるの?術前に気になるダウンタイムを調査しました。手術法に分けて紹介しています。

できるだけはやく復帰するために、ダウンタイムを縮めるコツについてもまとめています。

豊胸手術にかかる
ダウンタイムについて
詳しく見てみる

豊胸手術がバレる理由を知りたい

女性らしさの象徴でもあるバスト。そのため、豊胸手術でバストアップをしたいと考えている方は少なくありません。しかし、手術を思いとどまる理由として多く挙げられるのが「豊胸手術をしていることがバレたらどうしよう…?」というものです。今回はさまざまな豊胸手術の方法を紹介するとともに、「バレにくい治療法」もあわせて解説します。

豊胸手術がバレるリスクを
詳しく見てみる

自然な仕上がりと持続性に優れた脂肪注入による豊胸術

脂肪注入による豊胸術は、自分の身体のほかの場所から吸引した脂肪を使うため、自然な仕上がりが期待できる施術方法です。脂肪に含まれる脂肪幹細胞を一緒に注入すれば注入後の定着率も向上し、持続期間も長くなるとされています。また、身体の気になる部分の脂肪を吸引することで吸引場所のサイズダウンも期待できるのです。そんな一石二鳥とも言える脂肪注入による豊胸術について、さらに詳しくご紹介します。

脂肪注入による豊胸術について
詳しく見てみる

プチ整形感覚のジェル注入術は、最も手軽な豊胸術です。

ジェルを注入する豊胸術は、メスを使わないため施術の痕も残りません。また、施術時間が短く、術後の腫れやむくみなどのダウンタイムがほとんどないため、入院は不要です。仕上がりについても、バストの気になる部分に注入することができますので、大きさだけでなく、バストの形を整えることも可能です。またヒアルロン酸は皮膚に多く含まれている成分なので、バストに張りと弾力をもたらしてくれます。

ジェルを注入する豊胸術について
詳しく見てみる

大胆なサイズアップと半永久的な効果で支持されているシリコンバッグ豊胸術

豊胸術の中でも古く、かつ現在も多く用いられているのがシリコンバッグ豊胸術です。かつてはバッグ破損の危険性が指摘されたこともありました。しかしバッグに入れるシリコンジェルの開発や手術法の進歩によって、より自然で美しい仕上がりに。特に2カップ以上のサイズアップが半永久的に可能で、効果の確実性と安定性はほかの豊胸術を上回ります。バストへのコンプレックスがある方必見の、シリコンバッグ豊胸術について詳しくご紹介しましょう。

シリコンバッグ豊胸術について
詳しく見てみる

今話題の豊胸手術を調査しました 今話題の豊胸手術を調査しました