TOP » 気になる!豊胸手術の種類を調査 » プチ豊胸:ジェル注入

プチ豊胸:ジェル注入

豊胸術の中でも、最も身体への負担が少ないとされるのがジェル注入による豊胸術です。ジェルは関節や皮膚など人の身体のさまざまな場所に存在し、美容整形にも多く用いられるヒアルロン酸が主成分。施術法も注射を使うだけなので身体への負担は少なく、腫れやむくみなどのいわゆる「ダウンタイム」が短い点も特徴です。このため、ジェル注入法は最も手軽な豊胸術と言われています。

ジェル注入はどんな豊胸手術か?

ジェル注入による豊胸手術は、ヒアルロン酸を主成分とするジェル物質注入を行う豊胸手術です。施術には注射を使うので、メスで切ったり縫合したりすることはありません。また、施術による腫れやむくみなどが起こりにくく、ダウンタイムもない豊胸術です。ただし、注入されたヒアルロン酸は徐々に吸収されていき、1年~2年程度でなくなってしまいます。このため持続性は低く、永続的な施術法ではない点に注意が必要です。

メリットはどんな点?

デメリットはあるの?

仕上がりはどうなる?

ヒアルロン酸は体内に存在する物質なので、豊胸術による注入後は自然な仕上がりが期待できます。また、ヒアルロン酸は皮膚の若々しさを保つ成分。そのため、バストにもハリや弾力性をもたらす効果があります。注入場所の調整によってバストの形を上向きにするなど、美しいバストラインを作ることが可能です。個人差はありますが、1カップのサイズアップに片胸100cc程度の注入量が必要となります。

今話題の豊胸手術を調査しました 今話題の豊胸手術を調査しました