TOP » 気になる!豊胸手術の種類を調査 » シリコンバッグ豊胸

シリコンバッグ豊胸

豊胸術の中でも代表的な施術法といえば、ジェルが詰まったバッグを胸に入れる「シリコンバッグ豊胸術」でしょう。バッグを乳房に埋め込む手術が必要になりますが、大胆なサイズアップが可能です。以前は、バッグが破裂してしまった場合ジェルが漏れ出る恐れがありましたが、最新の施術法ではその問題点も克服。シリコンバッグ豊胸術について、最新技術も含めてご紹介します。

シリコンバッグ豊胸はどんな豊胸手術か?

シリコンバッグ豊胸は、ジェル状物質を詰めたバッグを乳房に入れる方法です。バッグを入れる際には胸元にメスを入れる必要があるため、シリコンバッグの豊胸術では胸に傷が残ることが大きなデメリットとされてきました。しかし現在は、傷が目立ちにくい腋窩切開や、乳腺の下や筋膜の下あるいは大胸筋の下にバッグを入れる人工乳腺法などの施術法が用いられています。また、バッグが破損してもジェルが漏れ出る恐れがないよう、グミ状に固めたジェルを使用することも。安全性にも配慮した方法が生みだされています。

メリットはどんな点?

デメリットはあるの?

仕上がりはどうなる?

シリコンバッグ豊胸では、大胆なサイズアップが可能な点と、効果の持続性という二つの大きな特徴があります。ほかの豊胸術はサイズアップに限度があり、施術前の胸の状態によっては豊胸そのものが適さない場合も。しかし、シリコンバッグによる豊胸では、2サイズ以上のサイズアップが可能であり、基礎部分に問題がある人でも豊胸術を受けられます。また、効果がほぼ半永久的である点も大きな魅力です。

今話題の豊胸手術を調査しました 今話題の豊胸手術を調査しました