TOP » 東京女子たちの「バストのお悩み」ホンネの本音 » 韓国で豊胸手術を受けるのって大丈夫?海外クリニックのメリットと注意

韓国で豊胸手術を受けるのって大丈夫?海外クリニックのメリットと注意

バストの悩みを抱える女性はたくさんいます。コンプレックスに感じて、思い切って豊胸手術を考える人も多いのです。手術の方法はもちろん、受けられる場所もさまざま。豊胸手術を受ける際に知っておきたいことをまとめました。

韓国で豊胸手術を行うメリットとは?

日本でも豊胸手術はポピュラーになりつつありますが、近年はその手術を美容大国であるおとなりの韓国で受ける人も増加しています。韓国での豊胸手術の現状や実際に受ける場合の流れ、有名な病院だけでなく、日本から韓国へ手術を受けに行くことのメリットやデメリット、気を付けたい点などをチェックしておきましょう。

実績が豊富で価格が安い美容大国

多くの人がご存知のとおり、韓国は美容医療への関心が大変高い国です。実際に美容整形や豊胸手術を受ける人もかなり多いです。当然、取り扱う病院の数が多く、症例数も豊富。また、経験豊富なドクターが施術を行う安心感があるでしょう。

韓国で豊胸手術をおこなうドクターの技術は平均的に高いと考えられます。価格面においても、激化している競争によって、日本よりも低価格で手術が受けられる病院が増えています。

気軽に行けてバレにくい

韓国で手術を受けるメリットとして、日本からの移動距離が短く、気軽に訪れられる点が挙げられます。手術内容にもよりますが、日帰りで手術を受けることができる病院や方法もあります。

日本国内よりも病院やその周辺で知り合いに会う可能性ははるかに低く、旅行目的で休暇を取って手術を受けてくると、ダウンタイムとしてゆっくり休むことも可能に。そうした意味では、周りの人にバレにくいといえます。

韓国で豊胸手術を行う流れ・費用

韓国は身近な国であるとはいえ、日本とは言語や文化も大きく異なります。豊胸手術費用以外にも、渡航費用や宿泊費用、通訳費用なども発生することも忘れずに。しっかりと下調べをして、流れや費用などを理解するようにしましょう。

手術までの流れ

韓国で豊胸手術を受ける場合において、一般的な流れを紹介します。まず、電話やメールで病院への相談と予約をおこないます。この時に、気になることや不安なことはしっかり確認をしておきましょう。その後、精密検査で胸の状態を診察し、結果と要望をもとにカウンセリングで手術の内容を決定。事前にリスクや術後の流れについても確認が必要です。韓国には日本語対応のクリニックも増えてきていますが、場合によっては通訳を要するため、病院選びは慎重におこなう必要があります。

費用の目安

実際の費用は、病院と豊胸手術方法によって異なってきます。目安としては、ヒアルロン酸注入法で日本の3分の1程度、脂肪注入法で30~60万円ほど。シリコンバッグ挿入法だと40~50万円ほどと、日本で受けるのに比べ、2分の1から3分の1が相場だと考えられます。

豊胸手術で著名な韓国の美容クリニック

NANA美容外科

院長が、3000件以上の豊胸手術経験を持っていることで知られています。事前のカウンセリングにも力を入れており、その人にぴったりの手術方法を提案してくれる病院です。皮膚科も併設しており、アフターケアもしっかりしています。日本語対応スタッフが常駐しているほか、日本語ホームページや無料相談にも対応。一般的な質問であれば、日本語で対応してくれます。

id美容外科

韓国の大学病院水準の検診や検査の施設を持ち、専門医が術前診断を丁寧に実施。また、独自のアフターケアプログラムを採用し、ダウンタイムの短縮や、傷跡を小さくしたりきれいにしたりすることにも注力しています。

そしてこの病院の特徴は、日本にも分院を開設していることです。韓国で豊胸手術を受ける際に懸念材料となりがちな、術後の診断やアフターケア、サポートを日本でも受けることができます。

メディカルツーリズムで注意すべきこと

医療行為を受けることを目的とした海外渡航「メディカルツーリズム」は一般的になりつつあり、韓国へも多くの日本人が手術や治療を受けるために出かけています。実際に検討する際に、注意すべきことを紹介します。

アフターケアの受け方と滞在期間に注意

手術を受ける際には、その内容や方法にもよりますが、多かれ少なかれダウンタイムやアフターケアが必要となります。豊胸手術でダウンタイムの長い内容を韓国で受ける場合、滞在費や通訳費用などがかさみ、日本で手術を受けるよりも費用が高くなる可能性も。

メディカルツーリズムが全く未経験の方や費用と日数などに余裕がない人は、豊胸手術は国内で手術を受けることをおすすめします。

十分な情報収集で納得してから

メディカルツーリズムで一番気を付けたいのは、やはり言語や文化の違いです。豊胸手術を受ける場合、ドクターの説明をしっかり理解する、こちらの希望や疑問をしっかり伝えることが大切です。とても難しい部分でもあり、トラブルとなった事例もあります。そのため、言語面で不安がある方は、通訳を依頼したり、日本語対応のクリニックを探したりする必要があります。

また、ネット上での情報量も日本の病院よりも少ない傾向にあります。利用を考える場合には、事前に十分に情報を集めることと、病院とのコミュニケーションを万全にしておきましょう。

今話題の豊胸手術を調査しました 今話題の豊胸手術を調査しました